nekoumouke0020
 アフィリエイトはインターネットビジネスの中でも、短時間で大きな収益をあげることができる最も効率的な方法の1つと言えます。

しかし、大量に稼げるようになるまでは普通何度も試行錯誤をし、膨大な時間と労力をかけてそのレベルにたどり着けます。

試行錯誤においては、最初は広く薄くカバーして反応の良かったところを集中的に攻めるわけですが、そのためにもアフィリエイトできる分野や広告数は多い方がいいと言えそうです。

以前の記事で全方位型の大手ASPとしてA8.netをおススメしましたが、そのようなアフィリエイトASPは他にないのでしょうか?

ここでは、A8.netと互角以上の全方位型大手ASPであるバリューコマースを見てみることにしましょう。

 【バリューコマース】どんなアフィリエイトASP?

nekomouke-valuecommercetoha
 バリューコマース(ValueCommerce)は、1999年に日本で一番最初にできたアフィリエイトASPです。

A8.netに並ぶ豊富なアフィリエイト広告数を持ち、広告の種類も全方位的でまったく広告がないという分野はなく、それでいて独占的な広告も多数持つという強みも持っています。

Yahoo!系のアフィリエイトでは独壇場であり、旅行系・グルメ系・エンタメ系・ゲーム系などは強い傾向にあります。

特に旅行系は圧倒的強さで、バリューコマースに登録しなければ始まらないのでは?とも思わせる質と量です。

アフィリエイトで幅広く分野で広告を扱いたい人だけでなく、旅行系・グルメ系・エンタメ系のサイトやブログを展開する予定のアフィリエイターには必ず登録することをおススメします。

また、管理画面が見やすく広告の管理能力が優れている点もアフィリエイターにとっては助かります。

リンクコードが長めで、サイトやブログにアフィリエイトリンクを貼った後、広告表示までに若干時間がかかるのは頭に入れておいた方がいいかもしれません。

ローテーションバナーやマイリンク、RSSバナーなどユニークな広告素材も提供されており、特にマイリンクの使いやすさは特筆ものです。

マイリンク(Mylink)とは、アフィリエイターが広告主サイトのリンク先やテキスト文言・画像を自由に指定することができるもので、これを利用することでAS(アフィリエイトサイト)作成の幅がグンと広がるでしょう。

こういった機能は他のアフィリエイトASPでも提供されていますが、画像は大きさまで変えられるものは他になく、バリューコマースのものが一番使いやすいと感じました。

複数サイトを登録・管理できますが、アフィリエイトBやアクセストレードなどと同様、複数のASサイトを登録する際にはサイトごとに審査を受けなくてはならず、審査通過後に各登録サイトごとに広告提携をしていく必要があります。

 【バリューコマース】報酬締日と振込日および手数料について

nekomouke-valuecommerce-tesuuryo
 バリューコマースでは、アフィリエイトにより確定した報酬は、毎月末日締で集計され翌々月の15日に指定口座に振り込まれます。

締日から振込日までは45日かかりますが、これはA8.netやアクセストレードと同じでアフィリエイトASPとしては平均的であり、優良アフィリエイトASPの基準を満たしています。

バリューコマースでは、振込口座への入金には手数料がかかりません。

確定したアフィリエイト報酬は、他の優良ASP同様に消費税をプラスして振り込んでもらえ、目減りしないのもいいところです。

またバリューコマースでは、確定報酬の支払いは「1000円以上になったら自動換金」であり、この点もA8.netやアクセストレードと互角であると言えます。

バリューコマースをメインのアフィリエイトASPとして使っているアフィリエイターも多く存在するというところも同じです。

A8.netやアクセストレードと大きく違う点は、ランク制度がないということでしょうか。

しかし、取り扱える広告数の豊富さや管理画面の使いやすさ、マイリンクなどの機能的優位性などを考え合わせると、あまり大きな問題ではないのかもしれません。

 【バリューコマース】大手ASPとしてはnofollow対応は3番目

nekomouke-valuecommerce-nofollow
 バリューコマースでは、アフィリエイトBやアクセストレード同様にデフォルトでアフィリエイトリンクに「nofollow」タグが入っています。

このことはAS(アフィリエイトサイト)の検索エンジンでの評価を左右するかもしれず、「nofollow」対応の有無はASPを選ぶ重要な基準になります。

「nofollow」属性がグーグルの評価に直結するかどうかはっきりと分かっているわけではありませんが、検索順位は一度下がってしまうとリカバーするのが大変なので、少しでも下げる要素になる(かもしれない)ことは避けておくに越したことはありません。

やはり、検索順位を少しでも下げたくなければ「nofollow」タグ入りのアフィリエイト広告を積極的に使うべきでしょう。

アフィリエイトリンクはすぐに数が増えてしまうし、さらに改変不可なのであとからリンクコードに「nofollow」を入れ込むことはできませんが、初めから「nofollow」タグが入っているASPでアフィリエイトをすれば何の問題もありません。

逆に言えば「nofollow」タグさえ入っていれば、アフィリエイトリンクによる順位下降を心配せずに、いくつでもアフィリエイトリンクが貼れるということになります。

バリューコマースは、アフィリエイトB、アクセストレードに続いて大手ASPで3番目に「nofollow」タグに対応をしてくれました。

これにより、先行する2つのASPよりも規模が大きく広告数が多いことと、マイリンクなどによるリンク先や画像・テキストなどの自由度が高いことから、「nofollow」タグ入りのアフィリエイトリンクによるサイトやブログ作成の幅が一気に広がりました。

バリューコマースの「nofollow」タグに対応の意味は大きいと言えます。

広告主イロイロ・報酬イロイロ・選べる楽しさ・バリューコマース