LINEで送る
Pocket

nekoumouke0031
 以前の記事にも書きましたが、GoogleやYahoo!Japanなどの検索エンジンに「ルレア」「LUREA」と入力すると、さまざまな関連語にまじって「稼げない」「儲からない」といった否定的な単語が上位に出てきます。

「LUREAplus(ルレアプラス)」は今までにベストセラーとして知られるほど売上をあげてきた教材で、その購入者の中から多くの月収100万円越えアフィリエイターを輩出してきました。

しかし、それ以上に多くの挫折者をも生んでおり、まさに死屍累々といった感じです。

今回の記事では、挫折をしないためにはどんなことが必要なのかを考えてみましょう。

 テキストのボリュームの多さは膨大な作業量を生む

nekomouke-lureazasetsu-volume
 「LUREAplus(ルレアプラス)」は、これ1つですべてをまかなえるようにと考えて作らているため、教材テキストやテンプレートなど全部を含めると膨大な量になります。

1つ1つはとても丁寧に作られており、いい教材だと言えるのですが、読むのが大変なだけでなくそれぞれのテキストは非常に多くの作業を要求しています。

まずはこの「目に見える敵」に圧倒されてはいけません。

常に「要点は何か」を考え、それだけを押さえるつもりで、かなり割り切って読み進めた方がいいかもしれません。

使える時間は限られていますので、要点以外の部分は時間があるときに読めばいいのです。

また、作業量についても「要点を見抜く目」が必要になってきます。

繰り返しますが、自分の使える時間は限られているということを、よく理解して肝に命じるべきでしょう。

 射程距離の間違いも成果の上がらない原因の1つ

nekomouke-lureazasetsu-syateikyori
 アフィリエイトは、ユーザーに広告素材のリンクを踏んでもらった上で、成約までこぎつけて始めて報酬が発生します。

「LUREAplus(ルレアプラス)」の各ステージは、成約までの射程距離が違っています。

「ショートレンジ戦略」は射程距離が短く、成約が簡単で速いかわりに、単価が低くよほどの数を成約させなければ売上のボリュームは出てきません。

「ミドルレンジ戦略」ではそれよりも少し射程距離が長くなり、成約まで少し時間がかかるかわりに単価が高くなり、そこそこの数を成約に持っていければ、ある程度売上のボリュームを出すことができます。

「ロングレンジ戦略」では射程距離が最長になり、照準がなかなか合わずに成約までに長い時間と手間を要します。

しかし一度照準があってしまえば、あとはさほどに手はかからなくなり、単価も高く成約数も一定数以上を保つことができるため、売上のボリュームは最大になります。

「商品・サービス」に向けられる照準は「キーワード」や「コンテンツ」「SEO」だったりしますが、「商品・サービス」と「キーワード」「コンテンツ」「SEO」を結ぶ距離感を間違えると、成約にまでいかないサイト(ブログ)が出来上がり、挫折という結果に結びつきやすくなります。

 ミドルレンジ戦略を上手く使おう!

nekomouke-lureazasetsu-middle
 これまで見てきたように、導入としての「ショートレンジ戦略」は、大量に記事数の少ないサイトをつくり、そこからボリュームを作り出しますが、かなりアフィリエイトの作業単価が低くなるという欠点も持っていました。

つまり、作ったサイト数が増えなければ成果がなかなか上がってきません。

また、「ロングレンジ戦略」は1つのサイトにすべてを集める形で効率的にボリュームを作り出しますが、サイト内の記事数が多く必要で、なおかつそのサイトにユーザーをたくさん集めるのに長い時間がかかることがほとんどです。

要するに、一定レベルの記事数が一定量以上になり、そこにユーザーが集まってくる何らかの導線を作り上げるまでは、成果はほとんどない状態が続くでしょう。

これは「LUREAplus(ルレアプラス)」に限ったことではありませんが、この2つの典型的な「成果が上がらない状態」が長引くことで、イヤになってしまい心が折れるということが非常に多いようです。

これに比べて「ミドルレンジ戦略」は、「ショートレンジ戦略」ほど大量にサイトを作らなくてもよく、「ロングレンジ戦略」ほどには記事数の蓄積は必要ないことから、作業量と成果のバランスがいいため、目標としてはちょうどいいスパンではないかと考えられます。

「ミドルレンジ戦略」の唯一の欠点は「楽しくない」ことでしょう。

ひたすら売れ線のキーワードと向き合って、1商品1サイトでアフィリエイトサイト(ブログ)を展開していくのは、ショートレンジほどではありませんがかなりの作業量であり、興味がないキーワードでたくさんの記事を書くことを迫られるため、忍耐力を必要とする道のりになります。

つまり、「ミドルレンジ戦略」を継続できるようにするためには、キーワード戦略に「自分が興味をある程度持てるもの」という項目を加えることが必要なのかもしれませんね。

 作業量と成果と興味のバランスを常に考えること!

nekomouke-lureazasetsu-balance
 最終的には「ロングレンジ戦略」が機能するようにするのが一番いいので、「ショートレンジ戦略」を早目に切り上げて、「ミドルレンジ戦略」である程度の成果を出しつつ、「ロングレンジ戦略」でじっくりとアフィリエイトサイトを構築していくのがいいのかもしれません。

しかし、「ショートレンジ戦略」も「ミドルレンジ戦略」も難しさはそれ程変わりなく、さらに「ミドルレンジ戦略」は「ショートレンジ戦略」が意味するところをちゃんと押さえておかないと成果が出にくいので、簡単だと思うのは間違いです。

どのステージにも、挫折のワナが仕掛けられていると考えてよさそうです。

各ステージにおける挫折を回避する方法は、簡潔にまとめると次のようになるでしょう。

 ●ショートレンジ戦略:
 要点だけ頭に入れて、出来るだけ早く切り上げてミドルレンジ戦略へ移行

 ●ミドルレンジ戦略:
 早く稼ぐコツをつかみ、出来るだけ興味が持てるキーワードを扱うこと

 ●ロングレンジ戦略:
 成果が出るまでが長いので、自分の好きなことをテーマに選びマイペースで作る

「作業量(時間)」と「成果(報酬)」と「興味(趣味嗜好)」が挫折の3大原因といえ、この3つのバランスが1つでも悪いと、なかなか継続ができないのが現実です。

特に「作業量」は要注意で、自分が使える「時間」をきちんと把握した上で取り組むことが重要でしょう。

これらのことが、ルレアプラスを最終的な成功に導く大事な要素になってくると言えるかもしれません。


3Mブログサイトアフィリエイト「LUREA plus」ルレアプラス

 

LINEで送る
Pocket