LINEで送る
Pocket

 日本は「人生100年時代」を迎え、「70歳代まで働く時代」になったと言う人もいます。

社会全体が高齢者を支える仕組みが疲弊している現在、「公的年金」や「企業年金」などの支給にたよるだけでは、楽しい老後を送れなくなってきています。

自分で好きな時間を過ごしたいのであれば、自分で何とかするしかありません。

「人生100年時代」を見通して、徹底して家計を戦略的に考えることが、「金持ち老後」を実現する近道と言えるかもしれませんね。

今回は、リタイアした後守るべき、老後生活の「原則的な方針」を検討してみましょう。

 退職金は老後の生活資金の要

 リタイア後は、仕事から解放されることが多く時間も自由になることから、「退職金」や「それまでの貯蓄」で「大きな買い物」をしたり、「大きな投資」を手掛けたりする人がでてきますが、実はあまりいいことではありません。

「退職金」や「それまでの貯蓄」を、「長年働いたご褒美」とか「余裕資金」だと考えがちですが、そうではなく、「積み立てた給料の後払い」や「老後の生活資金」と言えます。

そのため、「自分にご褒美」とばかりに「豪華な旅行」に行ったり「金額の大きな買い物」をしたりすることや、「退職金投資デビュー」などで「規模の大きな資産投資」をいきなりおこなったりすることは、避けた方がいいでしょう。

いきなり大金を手にして気が大きくなってしまい、「浪費」や「投資」「投機」などに大きな金額をつぎ込みがちですが、それらは「老後の大切な生活資金」の母体となるものなので、「ムダ遣い」や「リスク」を徹底して回避することが「心構え」として必要になります。

 働き続けることのメリット

 リタイアした後も、何らかのカタチで「生涯現役」として働き続けることが「金持ち老後」の基本的スタンスとして重要です。

そもそも、生涯働き続ければ「老後」というものはないという考え方もあります。

仕事があれば「収入」が上積みでき「収支」が大きく改善できますし、さらに「老後」について回る「孤独」や、働くことで「心や体の健康」も得られ、いい影響が期待できます。

一般的な定年後夫婦の「公的年金では足りない金額」の平均は「年間約120万円」と言われていますので、月に10万円稼ぐことができれば、それを埋め合わせることができると考えられます。

また、働くことで自分の体調に敏感になり、結果として大きな病気の予防になりますし、社会のなんらかの役に立っていると思えることで精神面でも健全になることができるでしょう。

もちろん、仕事を通じていろいろな人と出会え、楽しい交流に発展することにもなるかもしれません。

できる限り長く働いて「収入の範囲」で生活を楽しむことができていれば、「貧乏老後」を心配することはあまりしなくてもよさそうです。

 年金をどうとらえるか?

 リタイア後の代表的な資金源である「年金」ですが、仕組みとしては疲弊してきており、それだけで老後生活を十分に送ることは難しくなっています。

「年金制度」をめぐる状況は年々厳しくなってきていますが、さすがに制度自体が無くなってしまうことは考えにくく、それはないだろうと思います。

ですが、出生率の低下などで「年金」を支える世代の人口が減っているので、社会保障の仕組みを守るため、今後「年金」の「支給額の減少」や「支給開始年齢の繰り下げ」などは、まだまだありそうですね。

リタイア時期を60歳前後とするなら、平均寿命が延びている現在ではリタイア以後10年~30年くらい、「人生100年時代」を考えると、長ければ40年ほど「老後生活」が続くことになるかもしれません。

年々「若い頃より動けなく」なっていき「収入も減っていく」中で、少ないとはいえ貴重な「定期的収入源」になりますので、できるだけ満額受け取れるようにキチンと年金保険料を支払っておくことは大切になります。

そのうえで、公的年金の「おトクな受け取り方」を選べることも知っておきましょう。

公的年金は、通常は「65歳」から受け取ることができますが、それより早く受け取る「繰り上げ受給」や、それより遅い年齢で受け取る「繰り下げ受給」も選ぶことができます。

「繰り上げ受給」は、1か月あたり「0.5%の減額」、「繰り下げ受給」は1か月あたり「0.7%の増額」となります。

仮に「70歳」で年金受給開始を選択すると、年間の年金支給額は「42%増額」となりますが、健康状態によっては受け取れる期間が短くなるかもしれないリスクがあります。

「81歳」まで長生きすれば、普通に「65歳」でもらった時よりも、総額で多くなり「おトク」と言えます。

長生きできる自信があれば、チャレンジしてみてください。

なお、「68歳」まで受給開始を待てば、「約25%増額」されるので、一般的に夫より長生きする妻の年金額を増やし、夫の死後の妻の「年金収入」を増額して確保しておくという考え方もあります。

 節約よりも無駄な出費を減らすこと!

 リタイア後に急にこじんまりした節約生活に変化することはかなり難しいと以前の記事で書きましたが、「無理な節約」はかなりのストレスとなり結局は長続きしません。

「リバウンド」を起こして、生活費が増えてしまい「貧乏老後」へまっさかさまということも考えられます。

「老後経済」は「ムダな支出」を極力減らすことが効果的になります。

特に人付き合いに関しては「恥」も「外聞」も「義理」もすてて、可能か限り「シンプルな関係」にすることが、無駄な出費を抑えるコツになります。

「収入の確保」だけでなく、「支出の合理化」もあわせて考え、「収支をプラスにする」ことに徹することができれば、お金の心配はそれ程しなくてもいいということになります。

特に「老後」においては、「ムダな支出」を徹底的になくし「家計をシンプルにする」ことが大切になってきます。

「ムダな支出」をなくし1か月の支出を大幅に減らすことができれば、その削減の成果は「収支のバランス」というカタチで安心をもたらしてくれるでしょう。

 

LINEで送る
Pocket