nekoumouke0018
 アフィリエイトを始めて少し経つと、ASPについての考え方が変わってくると思います。

最初の頃はなかなか報酬が発生しないので「提携可能な広告数の多さ」が一番の基準になるかもしれませんが、報酬が上がるにつれてアフィリエイター(利用者)側から見て使い易いかどうか、有利かどうかが大切な基準の1つになります。

「管理画面の使いやすさ」「最低支払金額の低さ」「締日から報酬振り込みまでの日数の短さ」「nofollowへの対応の有無」「特別報酬」などなど、使いやすさ・有利さとアフィリエイターの「こうして欲しい」という要望への対応の素早さや柔軟性をあわせ持つASPはそう多くはありません。

この記事では、物販系アフィリエイトASPの中でもアフィリエイターにやさしい対応で人気が高いASPであるアフィリエイトBを見ていきましょう。

 【アフィリエイトB/afb】どんなアフィリエイトASP?

nekomouke-affiliatebtoha
 アフィリエイトBは(株)フルスピードが運営している、A8.netなどの古参ASPに比べると比較的新しい後発組ASPです。

もともと(株)フルスピードは企業としてアフィリエイトをしていたのですが、新たに逆の立場となるアフィリエイトASP事業を立ち上げることにしたようです。

そのため、アフィリエイターがどういう視点でASPの良否を判断しているのかがよく分かっているようです。

後発組ですから、先行する他社のASPに追いつき追い越すために、積極的に営業やユーザー対応をしています。

A8.netと比べると分かりやすいですが、提携可能広告数は遥かに少ないものの、そのぶん有利な条件で提携出来たり、アフィリエイター側の特別報酬などの要望にも比較的柔軟に対応して頂けるみたいです。

優良なアフィリエイターには、早目に担当者を付けてアフィリエイトに関する相談事やサポート、アドバイスを惜しまずにしてくれます。

そうした姿勢が評価されてか、「アフィリエイトBは対応が早く丁寧だ」と評判も上々です。

例えば「通常単価をアップして欲しい」「テキスト広告を自由形式にして欲しい」などのアフィリエイトに関する大小さまざまな要望は、他のASPでもできますが、アフィリエイトBが一番相談しやすいという人も多いようです。

アフィリエイトマーケティング協会のアンケート結果でも評判はとても良く、アフィリエイトB は「最も満足度の高いASP」の支持率が高く、特にアフィリエイト収入の多いアフィリエイターからの支持が高かったという分析もあります。

複数のASサイトを登録する際にはその都度審査があり、さらに登録サイトごとに広告提携をしていく必要があります。

2016年11月にサービス10周年を迎えたのを機に、「アフィリエイトB」から「afb」にサービス名称が生まれ変わりました。

 【アフィリエイトB/afb】報酬締日と振込日、手数料は一番有利

nekomouke-affiliateB-tesuuryo
 アフィリエイトBでは、アフィリエイトで確定した報酬は、毎月末日締で集計されて翌月末日に指定口座に振り込まれます。

締日から振込日まで30日かかりますが、これは他のアフィリエイトASPと比べてダントツの速さです。

この振込日までの速さは結構大切であり資金繰りにかなりの影響を与えますので、これが速いのはアフィリエイター側からすればかなりうれしいことです。

報酬を発生させても、手元に入ってこなければ「ない」のと同じですからね。

さらにアフィリエイトBでは振込口座への入金手数料がかからず、この点もうれしいところです。

またアフィリエイトBでは、確定報酬の支払いは「777円以上になったら自動換金」となっており、最低支払金額がASPの中でも最も低いです。

報酬には、消費税を上乗せして振り込んでもらえます。

アフィリエイトBには他のASPで扱っている広告もありますが、アフィリエイトBの方が通常単価が高いという例もありますし、成果を上げていれば特別単価にも柔軟に対応してくれるので、アフィリエイターにとっては稼ぎやすいASPであると言えそうです。

同じ広告を紹介しても、報酬単価が違うとアフィリエイト収益は大きく違ってきますからね。

 【アフィリエイトB/afb】ステージ制度について

nekomouke-affiliateB-stageseido
 アフィリエイトBではA8.netのASランク制度と同様に、ステージが設定されています。

ステージは1か月ごとに報酬の多さで決められ、ステージによって報酬額設定がアップしたり、有利な条件で新しい広告提携が交渉できたり、アフィリエイトを進める上で有益で有利な情報にアクセスできるようになったりと、さまざまな特典を獲得することができます。

ステージはECサイト等に公開されますので、稼げる人はどんどん有利な条件になりさらに報酬が増えていくということになります。

このあたりは、A8.netのASランク制度とほぼ同じです。

一番の大きな違いは1か月間の確定報酬金額の合計で決められるという点で、A8.netよりも若干キビシイかもしれません。

ですが、アフィリエイトで稼げるようになれば意外と簡単にクリアできるようですので、是非ステージアップを狙って活用していきましょう。

 【アフィリエイトB/afb】nofollowへの対応

nekomouke-affiliateB-nofollow
 アフィリエイトBでは、アフィリエイトリンクに最初から「nofollow」タグが入っています。

これはAS(アフィリエイトサイト)を作っていくのに重要な部分で、「nofollow」対応の有無はASPを選択するのにも重大なポイントになります。

「nofollow」属性というのは、検索エンジンの巡回ロボットに、特定のリンクに対して「リンクをたどらない」という指示を与えるために使用するタグです。

グーグルのマット・カッツ氏などによれば、「nofollow」属性の利用が推奨されているのは主に以下のケースです。

 ●リンク先が信頼できないコンテンツである
 ●有料のリンクである
 ●リンク先がクロール不要/できないページであるなど

このうち、アフィリイエイトは広告リンクであるため「有料のリンク」に該当する可能性があり、グーグルの検索順位にも影響するかもしれませんので「nofollow」タグ入りのアフィリエイト広告を使うのがおススメです。

マット・カッツ氏ははっきり影響があると断言していませんが、アフィリエイトに対しては「nofollow」属性を「入れたければ入れてもよい」という言い方をしています。

私が試してみたところ、アフィリエイトリンクの数が少なければあまり影響はないようですが、ちょっと数が多くなってくると順位への影響がでるように感じました。

アフィリエイトはついつい広告を複数貼ってしまうものなので、すぐにリンクの数が増えてしまいます。

という訳でアフィリエイトリンクタグには「nofollow」タグを入れた方がいいのですが、通常アフィリエイトASPはアフィリエイトリンクへの手動での改変を禁止していますので、あとから「nofollow」タグを加えることができません。

だから初めから広告リンクの中に「nofollow」タグを入れてくれているアフィリエイトASPを選ばないと、あとで困ることになります。

最近ではほかにも「nofollow」対応をしてくれているASPもでてきましたが、アフィリエイトBはアフィリエイトリンクに「nofollow」タグを入れてくれた最初のASPであり、「アフィリエイター目線」を示す証拠と言えるかもしれません。

アフィリエイトBのお申し込みはこちら