LINEで送る
Pocket

nekoumouke0026
 気に入った独自ドメインを購入し、これだと思うレンタルサーバーを契約したら、やっとウェブサイトを作成する番です。

ウェブサイト(ブログ)を作成するには何らかの作成ソフトを使用することになりますが、サイト(ブログ)を作成・編集・更新・管理・保存などをしていくスタイルは大きく2種類あるため、使用するソフトウェアも大きく2種類の作成ソフトに別れます。

この記事では、それぞれのメリット・デメリットや、どちらがどんなサイト(ブログ)を作るのに向いているかをひも解いていくことにします。

 Wordpressを使ったサイト作成

nekomouke-wptoftp-wp
 WordPress(ワードプレス)は、オープンソースのブログ作成ソフトウェアであり、PHPで開発され、データベース管理システムとしてMySQLを利用しています。

もう少しかみ砕いて言うと、ブログ作成に特化したソフトウェアで、ソフトのソースコードをオープンにすることにより世界中の人が開発に加わることができ、世界中の人がプラグインの開発による機能拡張をさまざなレベルで行っています。

普通のホームページ作成ソフトとの一番の違いは、サーバー上にインストールして、サーバー上でウェブサイトのデータを作成・編集・更新・管理・保存するという点です。

そのためデータを手元のPCや外付けHDDに持つことなく、作成・編集・更新・管理・保存はすべて、サーバー上のダッシュボードと呼ばれる管理編集画面にログインすることでできるようになります。

世界中の人が開発にたずさわっているため、ソフトウェアのアップデートがひんぱんに行われているのも非常にいいところで、もちろんアップデートもタダです。

ブログの作成に特化していると言うだけあって、ブログの作成・編集・更新・管理・保存には極めて使いやすい、世界最優秀のブログ作成システムと言ってもいいでしょう。

また、ブログだけでなくホームページも作ることができますが、ブログに比べてこちらはWordPress(ワードプレス)では少し作りにくいかもしれません。

とは言え、WordPress(ワードプレス)本体はタダで使えて、機能拡張するためのプラグインやブログのテンプレートはタダで使えるものが数多くあるので、使って損はありません。

今や、Wordpress(ワードプレス)は、ブログ型ウェブサイトを作るのに必須とも言えるソフトウェアです。

 FTPを使うタイプのサイトとは?

nekomouke-wptoftp-ftp
 FTP(ファイル転送プロトコル)とは、インターネットなどのTCP/IPネットワークでファイルを転送するのに使われるプロトコルの1種で、FTPサーバ(サーバー側)とFTPクライアント(端末側)の両者の間で接続を確立してファイルを送受信することができるシステムです。

要するに昔から行われている、手元のPCやHDDに保存してあるローカルファイルを、サーバーにアップロードしてインターネットに公開するタイプのウェブサイトのことを指しています。

このタイプは現在までの知識の蓄積が多く、カスタマイズなどの方法が研究されつくしており、ネットや書籍からそれらの情報に簡単にアクセスできることから、トラブルなどのフォローもしやすくなっています。

また、作成ソフトも熟成されており、有料のものが多いですが初心者用からプロ仕様まで幅広いソフトウェアが開発されています。

手元のPCやHDDにファイルを保存して管理し、必要に応じてアップロードしていくというスタイルのため、記事数(ファイル数)が多くなり過ぎると管理が非常に面倒になり、ウェブサイト自体も動きが鈍重になっていくという傾向があります。

ですが、言ってみれば「伝統の手法」なので、サイトの安定感は抜群で、情報も多く、トラブルやカスタマイズ、デザインなどのフォローアップがしやすい点は、やはり大きなアドバンテージでしょう。

ホームページ型もブログ型も両方アップロードタイプで作れますが、どちらかと言えばホームページ型のサイトの方が向いているかもしれません。

さらに、記事数が比較的少ないウェブサイトの方がこのタイプには向いているので、ペラサイトと呼ばれる極端に記事数が少ないサイトや、サテライトサイトと呼ばれるメインサイトへの誘導・サポートサイトを作るのに向いていそうです。

 どちらがアフィリエイトサイトに向ているか?

nekomouke-wptoftp-docchi
 以上見てきたように、Wordpress(ワードプレス)タイプのウェブサイトは、次のような傾向があります。

 ●ホームページよりブログに向いている
 ●記事数が多いサイトに向いている
 ●メインサイトなど長い時間をかけて育てるサイトに向いている

そして、FTPを使ってアップロードするタイプのウェブサイトの傾向はその逆になります。

 ●ブログよりホームページに向いている
 ●記事数が多過ぎないサイトに向いている
 ●ペラサイトやサテライトサイトの量産に向いている

これらは、絶対守れというものではありませんが、向き不向きを考慮しながらサイトを作成していけば、比較的少ない労力で最大の効果を上げられるかもしれません。

アフィリエイトサイトとしては、メインサイトにはWordpress(ワードプレス)もしくは、記事数が多くなり過ぎなければアップロードタイプ、サテライトサイトにはアップロードタイプ、同じくペラサイトにはアップロードタイプが、それぞれ親和性が高いでしょう。

 Wordpressで作ったサイトのメリット・デメリット

 Wordpress(ワードプレス)でブログを作ればたくさんのメリットがありますが、それを以下にまとめてみました。

記事数に関わらず更新などが軽快にできる点と、もともとSEOに強いと言われている点が、アップロードタイプのウェブサイト(ブログ)に比べて魅力的だと思います。

サーバーの能力次第ですが、1000記事を超えるようなブログも大丈夫なようですよ。

 ●ソフトウェアのカスタマイズの自由度が高い
 ●記事の数が多くても、作成・編集・更新・管理・保存が簡単
 ●ほとんどのレンタルサーバーが対応しており、管理や設定が簡単
 ●テーマ(デザインテンプレート)が有料無料共に豊富にある
 ●検索エンジンに強く、SEO対策に有利とされている
 ●利用者が多いため、ネットや書籍などカスタマイズなどの解説が多い
 ●機能拡張のためのプラグインが有料無料共に豊富
 ●ソフトウェア自体は無料で使える

また、デメリットもあるので、これも以下にまとめておきました。

ドメイン代・サーバー代・テンプレート代(無料もあり)などが維持費用として必要になってきますが、ブログを作るならメリットの方がはるかに多いと思います。

 ●PC/ITの知識がある程度ないと、いいサイトはできない
 ●SEOの知識がある程度ないと、アクセスが生まれない
 ●導入には独自ドメインとレンタルサーバーが必要
 ●ブログをよくしたいなら、有料のテンプレートを使うのが早い
 ●ブログ作成は得意だが、HP作成は不得意

 FTPを使って更新するサイトのメリット・デメリット

 FTPを使ってアップロードするタイプのウェブサイトのメリットは以下のようになります。

ブログではなくホームページを作るなら、わざわざWordpress(ワードプレス)を使うより、アップロードタイプのウェブサイトを作る方がいいかもしれません。

 ●ソフトウェアが数多くあり、カスタマイズの自由度も高い
 ●記事の数が少ないうちは、作成・編集・更新・管理・保存が簡単
 ●すべてのレンタルサーバーが利用でき、管理や設定も解説多数
 ●デザインテンプレートが有料無料共に豊富にある
 ●利用者が多いため、ネットや書籍などに情報が多くフォローしやすい
 ●機能拡張のためのプラグインもある

また、デメリットも以下にまとめておきました。

一番気になる点は、やはり記事数(ファイル数)が多くなりすぎるとHPが重くなるというところです。

また、著名なソフトウェアはほとんどが有料になり、Adobeなどのプロ仕様の高機能ソフトウェアは料金が高額になる点はアップロードタイプの大きな欠点かもしれません。

具体的には、記事数が200ページを超えないホームページなら、アップロードタイプのウェブサイトがおススメだと言われています。

 ●PC/ITの知識がある程度ないと、いいサイトはできない
 ●SEOの知識がある程度ないと、アクセスが生まれない
 ●導入には独自ドメインとレンタルサーバーが必要
 ●HPをよくしたいなら、有料のテンプレートを使うのが早い
 ●HP作成は得意だが、ブログ作成は不得意
 ●記事数(ファイル数)があまり多すぎると、HP自体が鈍重になる
 ●ソフトウェア自体は一般的には有料になる

格安独自ドメイン取得サービス【ムームードメイン】

【早い者勝ち!】 .com/.net/.jp ドメイン取るならお名前.com

ドメイン名取得&無料レンタルサーバーサービス『エックスドメイン』

さくらのレンタルサーバ スタンダード

おすすめレンタルサーバーはこちら【お名前.com レンタルサーバー】

月額100円(税抜)~/容量最大400GB/ロリポップ!

【エックスサーバーの各プラン】

月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』

大容量無制限レンタルサーバー【X2】利用者のみドメインが激安

マルチドメイン対応、ビジネス仕様 高性能レンタルサーバー 【シックスコア】

WordPressの運用に特化したレンタルサーバー『wpXレンタルサーバー』

 

LINEで送る
Pocket