nekoumouke0025
 有料レンタルサーバーを選ぶときには、料金だけではなくサーバーの機能性や容量などの条件、セキュリティ、安定性などのバランスが大切だと前回の記事で言いました。

料金は安いけど安定性やセキュリティ、機能性はいまいちというレンタルサーバーと、ちょっと高めだけど安定性やセキュリティ、機能性は申し分なしというレンタルサーバーがあったとしたら、後者をおススメします。

実際には、そんなにはっきりとしたステレオタイプに分けられるわけではありませんが、考え方としてひとつの目安になると思います。

 有料レンタルサーバーを選ぶときのポイント

nekomouke-yuuryouserver-point
 有料レンタルサーバーを比較検討する際には、スペック表などとにらめっこすることになると思いますので、もう少し具体的にポイントを挙げるなら以下のようになると思います。

 ●Wordpressの導入や使用がスムーズか?
 ●HDDやデータ転送量の制限はどのくらいか?超過料金はあるか?
 ●過去に大きな事故(データを消失など)や事件を起こしていないか?

 ●マルチドメインが使えるかどうか?
 ●サポートに電話対応があるかどうか?
 ●メールボックスの容量は大きいか?
 ●料金の支払い方法は利便性が高いか?
 ●上位や下位のプランに簡単に移行できるか?

このうち、最も大切なのは上の3つの条件です。

あとの条件は、あればあった方がいい、ユーザーの使い勝手に関することになります。

WordPressについては、FTPによるアップロードと両用できるレンタルサーバーでないと、今のご時世では使い勝手が悪いと思います。

サーバー移転の原因ともなる転送量の問題は、現時点で将来の転送量(サイトやブログのアクセス数)を判断するのは難しいので、可能な範囲でできるだけ大きいものを選んでおけばいいと思います。

また、画像や動画が多いサイト(ブログ)を作成するなら、やはり転送量は十分ないとサイトをスムーズにみることすらできません。

レンタルサーバーによって、データ転送量の許容量にはかなりひらきがありますので注意して選んでください。

また、過去の事件・事故や使いやすさはインターネットのクチコミなどで情報を得るといいかもしれません。

インターネット情報は主観的な情報やデマも多く玉石混交ではありますが、十分な量の情報やクチコミがあるならある程度信頼はおけるでしょう。

逆に言えば、インターネットで十分情報を拾えるレンタルサーバーにした方が、多数のユーザーがいると推測できるため信頼性が高く、また何かあったときのフォローがしやすいと考えるべきだと思います。

 有料レンタルサーバー会社はどこを選ぶべき?

nekomouke-yuuryouserver-osusume
 有料レンタルサーバーを選ぶには以上の点を踏まえれば、一から選ぶ際にも大きく間違わない選択ができると思います。

個人運営のアフィリエイトで使うという前提なら、おススメのレンタルサーバーは「X-server(エックスサーバー)」「さくらインターネット」「ロリポップ!」「お名前.com レンタルサーバー」の4社がいいようです。

4社では同じ標準仕様のプランでもスペックがだいぶ違いますので、性格付けははっきりとできそうです。

 X-server(エックスサーバー)

 「X-server(エックスサーバー)」はこの中では最もおススメのレンタルサーバーで、安定性・セキュリティ・機能性どれをとっても高いレベルにあります。

その分、他のレンタルサーバーより若干料金が高いですが、それを支払ってでも選ぶ価値があると思います。

幅広いプランが用意されていますが、最下位の「X-10プラン」で十分なスペックが得られ、上位のプラン変更もワンクリックで簡単にできますので、必要がでてくれば上位のプランに変更すればなんの問題ないでしょう。

HDD容量、転送量、MySQL量がそれぞれ十分な量に設定されているわりには料金が安く、コストパフォーマンスはかなりいいと言えます。

サイトへのアクセス数が多く、重たいページをたくさん作っても、全く問題がないというのはサイト作成の自由度を考える上でも重要になってきます。

また、電話によるサポートサービスが充実しており、過去7日間のデータバックアップ機能もあり、セキュリティも万全と言えるスペックです。

エックスサーバーが経営する独自ドメイン取得会社「X-domain」で契約すると、使い勝手がさらによくなります。

個人運営のアフィリエイトには最高クラスのサーバーだと評価できるでしょう。

人気も非常に高くクチコミも良好で、多くの人がオススメのサーバーとして挙げています。

最初はさくらインターネットやロリポップ!を使っていたが、最終的にはこのエックスサーバーに落ち着くというという人が多いそうなので、最初から「X-server(エックスサーバー)」に契約すれば、手間が省けるかもしれません。

なお、ひんぱんに「ドメイン・プレゼント・キャンペーン」を行っており、キャンペーン期間中に契約すれば独自ドメインが1つ永久無料でもらえますので、キャンペーン期間を狙っておくのもいい手です。

 さくらインターネット

 レンタルサーバーでは有名な老舗ホスティング会社で、信頼性と安定性は抜群です。

X-server(エックスサーバー)より料金が安く、若干スペックで劣るものの、料金とのバランスを考えればむしろ優秀なサービスと言えます。

許容している転送量が大きく、どれだけアクセス数が多くなっても問題ないのはうれしい反面、HDD容量が少ないため、重たいページには少し弱いというのが特徴。

欠点としては、サーバー内のプラン変更に対応していないことと、HDD容量やマルチドメインの数が少なめに抑えられている点でしょうか。

X-server(エックスサーバー)を、レベルをあまり落とさずに、もう少しお手頃な料金にした感じと言えるかもしれません。

X-server(エックスサーバー)を少し料金が高いと感じるなら、選択肢の有力な候補の1つになります。

印象としては、この4社の中ではX-server(エックスサーバー)に次いでセキュリティが高いと感じますし、サーバーの安定感抜群のおススメのレンタルサーバーです。

なお、さくらインターネットでは独自ドメイン取得もできますので、あわせて契約すると管理・設定がより簡単になるようですよ。

 ロリポップ!

 ウェブサイトの初心者向けのレンタルサーバーで、小規模のアフィリエイトでは一番オススメのサーバーと言えます。

とにかく料金が安くお手軽に始めることができ、どのプランも他のサーバーと比べてコストパフォーマンスがいいのがうれしいところ。

さくらインターネットとは逆に、HDDは容量が大きいため重いページは問題ないが、転送量は少ないためアクセス数が多いサイトに弱くなるのが特徴。

サーバー内のプラン変更が簡単にでき、データベースの移行の問題など、手間はほとんどかからないのはいいところです。

欠点としては、転送量の低さと電話サポートがないことだと言えますが、料金がとにかく安いので、それを考えれば仕方ないでしょう。

2006年に、検索エンジンからロリポップ!のユーザーサイトが一斉に削除されるという事件があったそうですが、現在では対策しっかりとられているということです。

独自ドメイン取得会社「ムームードメイン」と同じ会社が経営しているので、セットで契約すると管理が楽チンになるようです。

格安な割に充実したスペックで、コスパはおススメ4社のうち最もいいかもしれません。

 お名前.com レンタルサーバー

 「お名前.com レンタルサーバー」は、GMOインターネット(株)が運営する有料レンタルサーバーです。

お名前.comは独自ドメイン販売で有名な大人気のサービスですが、レンタルサーバーも人気があります。

独自ドメインをお名前.comで取得しなくてもサーバの利用は可能ですが、あわせて契約すると管理や設定などの利便性がアップしますのでおススメです。

キャンペーンがとにかく充実しており、「独自ドメイン1つを1年間無料」+「初期費用無料」+「月額料金の2か月分タダ」というアグレッシブなキャンペーンも行っているようです。

さらに普通は定価でしか売っていないWordpress用のテンプレート+SEOマニュアル「賢威」が、税抜きで6,800円も値引きされるサービスがあります。

WordPress用のテンプレートとして「賢威」を使おうと思っている人は、「お名前.com レンタルサーバー」ははずせない候補になるでしょう。

基本的なスペックが高く多機能なのに、プラン数を他社より少なくまとめているのもいい点かもしれません。

おまけ好きにはたまらない、コストパフォーマンスが抜群のレンタルサーバーです。

さくらのレンタルサーバ スタンダード

おすすめレンタルサーバーはこちら【お名前.com レンタルサーバー】

月額100円(税抜)~/容量最大400GB/ロリポップ!

【エックスサーバーの各プラン】

月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』

大容量無制限レンタルサーバー【X2】利用者のみドメインが激安

マルチドメイン対応、ビジネス仕様 高性能レンタルサーバー 【シックスコア】

WordPressの運用に特化したレンタルサーバー『wpXレンタルサーバー』